「福スマイル」スケボの魅力伝授 福島でプロスケーターら講師

 
スケートボードに挑戦した参加者ら=福島市

 福島市スケートボード協会は26日、同市の十六沼公園スケートボードパークで「福スマイル」と銘打ったスケートボードスクールを開き、初心者や中級者らにスケートボードの魅力を伝えた。

 国際大会での解説でも活躍するプロスケーターの上田豪さんらが講師を務めた。参加者は、バランスの取り方や足の使い方に最初は四苦八苦しながら、思い思いに滑りを楽しんだ。

 初めてスケートボードに挑戦した桑折町の佐野瑠夏(るうな)さん(7)=醸芳小2年=は「難しかったけれど、最後には立って滑ることができてうれしかった」と笑顔で話した。