ご当地番組アプリで 「ロコテレ動画」実証開始、NCV開発

 
ロコテレ動画のロゴマーク

 福島市などでケーブルテレビ事業を展開するニューメディア(NCV、山形県米沢市)は今月から、全国のケーブルテレビ事業者25社と連携し、NCV開発の専用アプリで各社のご当地番組などが視聴できる動画配信サービス「ロコテレ動画」の実証事業を始めた。

 ロコテレ動画は「ローカル」「テレビ」「動画」を組み合わせたサービス名。コミュニティーチャンネルなどで過去に放送した番組もアーカイブ(記録保存)で残し、視聴者が見たい時に楽しめるようにする。全国で開催されるイベントなどの中継の様子をライブ配信する機能も搭載した。

 実証事業の期間は12月20日まで。NCVを含む26社の接続総世帯数は約230万世帯だが、エリア内外の未加入者でもテレビなどでアプリをダウンロードし、サービスを利用できる。

 各社でつくる運営委員会は実証事業で加入者に限定した一部番組の配信や効果的な広告の手法などについて検討し、収益化やビジネスモデルの構築を目指す。