会津漆器の歴史文化理解 若松二中で講座、まちなかアートプレ企画

 
会津漆器を紹介する井波教授(左)

 会津若松市内をアートで彩るイベント「あいづまちなかアートプロジェクト」の実行委は4日、同市の若松二中で漆の出前講座を開いた。生徒らが400年以上の歴史がある会津漆器の歴史や文化に理解を深めた。

 10月1日~11月3日に開かれるイベントのプレ企画として開催した。

 1年生93人が参加。会津大短期大学部の井波純教授が講師を務め、漆の採取方法について「漆の木を12年以上育て、樹液である漆が取れるのは木1本から約180ミリリットルのみ。このため大変貴重だ」と説明した。

 また漆の歴史について「かつて欧州ではその美しさから漆の工芸品を『ジャパン』と呼ぶほど人気を博した」と解説した。このほか、会津漆器を支える「木地師」「塗師」などの職人や道具も紹介した。生徒らは真剣な表情でメモを取っていた。