私たちが第7代「ミスおかめ」 郡山・うねめ踊り流しに参加へ

 
「ミスおかめ」に選ばれた(左から)高橋さん、真壁さん、堺入さん、矢内さん、矢吹さん、柳沼さん

 郡山市の逢瀬ひょっとこ愛好会は3日、同市の河内ふれあいセンターで第7代「ミスおかめ」の審査を行い、6人を選んだ。ミスおかめは、8月6日に開かれる第58回郡山うねめまつりの「うねめ踊り流し」で、飾り付けたリヤカーに乗ってパレードする。

 審査にはおおむね65歳以上の12人がエントリーし、踊りや元気の良さなどを審査した。

 その結果、同市の高橋三千重さん(62)、真壁陽子さん(67)、堺入静子さん(72)、矢吹貴子さん(69)、須賀川市の柳沼まり子さん(66)、白河市の矢内照子さん(70)が選ばれた。

 ミスおかめのメンバーはうねめまつりのほか、各地のイベントや老人ホームの慰問などでも活躍する予定だ。
 愛好会の近藤幸夫代表は「笑顔を届けられるような活動をしていきたい」と話している。