「県食育応援企業団」幸楽苑HDに登録証 健康配慮した取り組み

 
国分部長から登録証を受ける大河原社長室長(右)

 県は13日、幸楽苑ホールディングス(HD、郡山市)に対し、食育を推進する「県食育応援企業団」の登録証を交付した。登録企業数は計55社となった。

 同社は2020年に、低糖質の「ロカボ麺」や「ロカボスープ」、減塩中華そばをメニューに追加。期間限定で納豆ラーメンや豆乳ラーメンも提供するなど、健康に配慮した取り組みを展開している。

 県庁での登録証交付式で、国分守保健福祉部長が大河原明彦社長室長に登録証を手渡した。大河原氏は「おいしく健康をキーワードに、商品開発に取り組んでいきたい」と話した。