7月14日は「平田村あじさい記念日」、372品種最多ギネス認定で

 
加瀬代表理事から登録証を受ける沢村村長(左)

 平田村は7月14日を「平田村あじさい記念日」と制定した。同村にあるジュピアランドひらたの「世界のあじさい園」に展示されたアジサイの品種数372品種がギネス世界記録に認定された日を記念し、日本記念日協会に登録された。登録を祝う式典が同日、同施設で行われた。

 ギネス記録は2018(平成30)年7月14日に認定された。記念日は昨年に登録されたが、新型コロナウイルス感染症の影響で式典が1年延期された。

 記念日協会の加瀬清志代表理事が沢村和明村長に登録証を手渡した。加瀬代表理事は「より多くの人に村のアジサイを知ってもらえるようにアピールしたい」、沢村村長は「見頃を迎えたアジサイをゆっくり鑑賞してもらいたい」とあいさつ。井出孝利副知事、石川地方町村会副会長の岡部光徳古殿町長、吉田好之村議会議長が祝辞を述べた。

 世界のあじさい園には現在、アジサイ825品種、約2万7千株が植えられている。24日まで開園している。入園料は高校生以上が500円、中学生以下無料。