偉業を後世に継承...山川健次郎しのぶ 会津若松、銅像前で献花祭

 
山川をしのんだ献花祭

 東京、九州、京都各帝国大学総長などを務めた物理学者・教育者の山川健次郎をしのぶ献花祭が17日、会津若松市の會津藩校日新館にある山川の銅像前で行われた。出席者が山川に思いをはせ、後世への功績の継承を誓った。

 山川健次郎顕彰会の主催。山川の誕生日に合わせて毎年行っており、今年は約20人が出席した。武田修会長代行が山川の功績を振り返り「山川先生の偉業を末永く後世に伝えていく」と顕彰の言葉を述べた。武田会長代行、室井照平市長、清川雅史市議会議長らが献花台に花をささげた。

 山川は1854(嘉永7)年生まれ。9歳で日新館に入学し、戊辰戦争では白虎隊の一員として戦った。その後、米国に留学しエール大で物理学などを学んだ。日本の学術、教育の発展に力を注いだほか、会津の発展にも尽力した。