熱中症予防...イオンウオーター配布 白河、移動販売車の買い物客に

 
イオンウオーターを受け取る利用客(右)

 白河市は熱中症対策として、移動販売車「すまいる号」と「ちりんこ号」で買い物客にイオンウオーターを配っている。

 移動販売車の利用客の多くが熱中症の危険が高い高齢者であることから、熱中症対策を啓発しようと実施している。移動販売車のほか、高齢者の1人暮らし世帯などを対象とした配食サービスでも配布を行っている。

 同市が健康づくり推進などに関する包括連携協定を結んでいる大塚製薬の協力でイオンウオーターの配布を実施。小まめな水分補給を呼びかけるチラシも配布している。

 配布期間は8月30日までで、イオンウオーター約2千本の配布を行う予定。問い合わせは市高齢福祉課(電話0248・22・1111)へ。