ラッキーが旬の県産モモPR 福島県の観光キャンペーン開始

 
ラッキーと一緒に写真撮影を楽しむ家族連れ

 県は23日、ポケットモンスターの人気キャラクターでふくしま応援ポケモンの「ラッキー」を活用した観光キャンペーンを始めた。旬を迎えた県産モモのPRが目的で、観光果樹園の利用者らにオリジナルグッズをプレゼントする。8月28日まで。

 キャンペーン名は「ラッキーと桃(も)っとキャンペーン」。県内9カ所の観光果樹園でモモ狩りをした人にラッキーうちわ、県内31カ所の飲食店でモモのメニューを頼んだ人にラッキーが描かれたモモの香り付きしおりを贈る。また、県内でラッキーのグッズなどと一緒に写真を撮影し、ツイッターで応募するフォトコンテストも開催。入賞作品投稿者にはラッキー商品の詰め合わせをプレゼントする。

 23日には、福島市の道の駅ふくしまでキックオフセレモニーが行われた。県観光交流課の小野一浩課長は「新型コロナウイルス感染防止対策をした上で、福島の良さを発信してほしい」とフォトコンテストへの参加を呼びかけた。会場にはラッキーが登場し、事前予約で受け付けた家族連れが写真撮影を楽しんだ。問い合わせは事務局(電話024・983・9880、平日午前10時~午後5時)へ。