西郷の「トキオバ」、8月の1カ月間一般開放 予約受け付け

 
8月の1カ月間、一般開放されるトキオバ(6月18日撮影)

 人気グループ「TOKIO」のメンバーが西郷村小田倉を拠点に進めるプロジェクト「TOKIO―BA(トキオバ)」は8月1~31日、一般に向けて開放する。無料アプリ「TOKIO―BA」で事前予約の申し込みを受け付けている。

 トキオバは約8ヘクタールあり、普段は立ち入ることができない。今回は「何もないトキオバ」を感じてもらおうと企画された。「目撃大作戦!」と題し、TOKIOのメンバーが作製した看板や、地元の小田倉小児童らが芝張り作業をした芝生などを見学することができる。

 メンバーの城島茂さんは同アプリで配信されている動画の中で「瞬間、瞬間で形を変えている、いまのトキオバをぜひ見てもらいたい」と話している。

 入場無料。駐車場付き、JR新白河駅からの往復バス付き、入場のみの3種類から選ぶ。駐車場代とバス往復乗車料は1000円。各回、時間制限があり、先着順で上限になり次第受け付け終了となる。詳細は同アプリで確認できる。