欄干にまたがる女性に声掛け...人命救助、福島北署が2人に感謝状

 
感謝状を受けた阿部さん(右)と塩沢さん

 人命救助に功労があったとして、福島北署は22日、南相馬市原町区大木戸、阿部誠也さん(25)と伊達市新町、塩沢莉子さん(21)に署長感謝状を贈った。

 同署によると、2人は16日午後10時30分ごろ、福島市瀬上町を車で走行中、橋の欄干にまたがり飛び降りようとしていたはだしの女性を見つけた。声をかけ、署員が駆け付けるまで見守り、保護に貢献した。

 感謝状の贈呈は同署で行われ、大河内秀崇署長が2人に署長感謝状を手渡した。阿部さんは「協力して助けることができて良かった」と話し、塩沢さんは「一度自宅に戻ってから、まさかと思って橋に向かった」と振り返った。

 大河内署長は「若い2人が親身に対応してくれた」と感謝した。