ドラマで田村の魅力発信 福島県在住ユーチューバー、8月10日公開

 
白石市長(左)にドラマ出演を報告したメンバー

 本県在住の人気ユーチューバー「HIMAWARIちゃんねる」が、田村市をロケ地としたオリジナルドラマを制作している。ドラマは全4話で、メンバー自らが出演。各話15~20分で、8月10日から動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開する。

 HIMAWARIちゃんねるのメンバーが昨年、田村市滝根町の「あぶくま洞秋まつり」に出演したことをきっかけに、同市を撮影の舞台に選んだ。ドラマは今年の大型連休中に、魔よけの神様として知られる同市船引町の「お人形様」などで撮影した。物語は夏休みに親戚の家を訪れたとの設定で、題名は「まーちゃんおーちゃんのないしょの大冒険―お人形様と鈴の精霊」。

 メンバーが21日、市役所を訪れ、白石高司市長に制作を報告。「田村は自然豊かな場所。ドラマを通じて観光地としての魅力を知ってほしい」と、地域の魅力を発信していく意気込みを伝えた。白石市長は「地域にある、先人が築き上げたものを取り上げてくれてうれしい」と感謝した。