店頭で電子書籍販売 岩瀬書店・富久山店、書店結びつける実証実験

 
電子書籍の販売をPRする吉田店長

 岩瀬書店(福島市)は、郡山市の富久山店プラスゲオの店頭で電子書籍を販売している。出版取次大手のトーハン(東京都)などが実施している実証実験の一環で、9月30日まで実施する。

 店頭に置かれたポスターのQRコードと、書籍の裏表紙に記載されたバーコードをスマートフォンで読み取ると、電子書籍ストアで電子版の試読や購入ができる。

 電子書籍の売り上げが年々増える一方、紙の本の売り上げは減少傾向にあり、実証実験は電子書籍と書店を結び付けるのが目的。書店側は電子版の売り上げから手数料を得られ、利用者側は紙と電子書籍に選択肢が広がり、店頭で中身を読めない本の試読ができるといった利点がある。

 吉田顕店長は「電子書籍購入の仕方が分からない人にも参加してほしい」と呼びかけている。

 6日午前10時~午後5時にキャンペーンを実施する。アンケートと電子書籍ストアへの会員登録をした人に、1000円以下の電子書籍を購入できるクーポンを配る。問い合わせは富久山店プラスゲオ(電話024・936・2220)へ。