甘みたっぷり天栄長ネギ 出荷最盛期迎え「どうぞ召し上がれ」

 
出荷が最盛期を迎えた天栄長ネギ

 生産者でつくる天栄長ネギ生産組合は2日、天栄村の特産品「天栄長ネギ」の出荷が最盛期を迎えたのに合わせて出荷会を開いた。

 組合によると、天栄長ネギは柔らかい食感と甘みの強さが特徴で、みそ汁の具や焼きネギなど幅広い料理に適しているという。組合員14人が同村白子地区を中心とする約9ヘクタールの畑で生産に取り組んでおり、本年度は出荷額計4千万円を目指している。

 最盛期は9月ごろまでで、12月ごろまで出荷が続く見通し。

 郡山市総合地方卸売市場から中通りを中心に県内外で流通する。磯部伊弘組合長は「甘みのあるネギを多くの人に味わってほしい」と話した。