誰もが笑顔に...磐城一高フラメンバー スポーツ飲料ポスター起用

 
ポカリスエットのポスターのモデルとなった「一高プアラニ」のメンバー

 磐城一高フラダンス愛好会「一高プアラニ」が、大塚製薬のスポーツ飲料「ポカリスエット」のポスターのモデルとなった。撮影は、フラの原点となるスパリゾートハワイアンズ(いわき市)のステージで行われた。部長で3年の菊池ほのかさん(18)は「見る人がつらい時でも笑顔になってくれたらうれしい」と願いを込める。

 大塚製薬が部活を頑張る高校生を応援している活動の一環で、いわき市と地域活性化に関する協定を結んだことをきっかけに高校生フラガールをモデルとしてきた。これまでも、いわき総合高やいわき湯本高のフラダンスチームがモデルとなった。

 今回のポスターのキャッチコピーは「あの日の汗はこのステージのため」。元になったのは事前アンケートで磐城一高メンバーが答えたフラガールズ甲子園に対する思いだ。部員にとって、大会入賞校のみが参加できるスパリゾートハワイアンズのステージが目標となっている。

 一高プアラニは2015年4月の結成以来、これまで4度入賞を果たした。ただ、新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催となる今年は、現役生にとって初の大会挑戦となる。部員は夏休みに入ってから、一日中踊りの確認に汗を流している。

 菊池部長は「キャッチコピーには、憧れの舞台にたどり着くための私たちの熱意や努力も込めてくれたと思う」と語る。

 撮影は6月末に行われ、部員が実際にステージで踊りを披露した。菊池部長は21日に開かれるフラ甲子園に向けて「ハワイアンズのステージでまた踊るために、入賞を果たしたい」と意気込んだ。

 ポスターは、いわき市内の公共施設やスーパーなどに掲示されている。

220813news701-2.jpg完成したポスター