「フラガールズ甲子園」に支援の輪 いわき、商品提供や寄付金

 
商品提供や売り上げ寄付などの支援を発表する関係者

 いわき市で21日に開かれる第10回フラガールズ甲子園を応援しようと、市内の「いわきチョコレート」とカレーショップ「TEA TO EAT(ティートイート)」が、商品提供や売り上げの寄付を行う。3年ぶりの大会開催を前に、支援の輪が広がっている。

 両店やNPO法人フラガールズ甲子園の小野英人理事長、鈴木常雄大会実行委員ら関係者が記者会見して発表した。いわきチョコレートは、看板商品の「めひかり塩チョコ」を大会参加者に贈呈する。フラ甲子園のロゴをあしらったオリジナルシールや応援メッセージを添える。

 ティートイートはカレー商品の「フラシティスパイスカレー」の売り上げの一部をフラ甲子園の運営費に寄付する。代表の和田幹之さん夫妻がスパリゾートハワインズでフラガールや演奏家として活動していた縁で支援を決めた。寄付は毎月続けていくという。