水と生物緻密に描く 本宮小の遠藤さん、下水道の日絵画で大臣賞

 
受賞を報告した遠藤さん (写真左)と国土交通大臣賞を受賞した作品

 本宮小の遠藤千紘さん(5年)は、昨年度の第61回下水道の日「下水道いろいろコンクール」の絵画・ポスター部門小学校高学年の部で最高賞の「国土交通大臣賞」を受賞した。18日、県庁に曳地利光土木部長を訪ね、受賞を報告した。

 遠藤さんは県中浄化センター(郡山市)を見学して学んだ、生活排水がきれいな水に浄化されていることを思い出しながら作品を制作。浄化された水と魚やカニ、カエルなど、水にまつわる生き物を緻密に描いた。遠藤さんは「生き物を自分で調べて工夫して描けた。(受賞は)うれしい」と語った。

 同コンクールは全国の小中学生や一般を対象に、絵画・ポスターのほか書道、作文、標語、新聞の計5部門で実施した。日本下水道協会の主催、日本水道新聞社の共催、国交省、環境省の後援。表彰式は2日に東京都で行われた。