会津をエンタメの街に、俳優・松崎巌夫さん 育成スクール設立へ

 
俳優育成校開校への思いを語る松崎さん

 会津若松市出身の俳優松崎巌夫さん(41)は、本格的な演技指導をする俳優育成スクールを同市につくるため、準備を進めている。9月に開校する予定だ。松崎さんをはじめ第一線で活躍する俳優らが講師を務める予定で、松崎さんは「福島、会津に住みながらでも、夢をかなえられる環境をつくりたい」と思いを語る。

 松崎さんの転機になったのは、会津を舞台にしたNHK大河ドラマ「八重の桜」の出演だった。4歳で東京に引っ越した松崎さんに「会津のためにできることをしたい」という思いが強くなった。

 その後、会津の人と交流を続ける中で、俳優を夢見る会津の人が仙台市や東京都まで通い、演技指導を受けていることを知り、俳優育成校の開校を思い付いた。

 育成校では、プロの俳優を目指す人向けのコースを設けるのに加え、アクションやヘアメーク、脚本についても学べるようにする。会津若松市出身で俳優・アクションコーチの虎牙光揮(こがみつき)さんをはじめアクション映画に出演経験のある俳優が講師を務める。ヘアメークの授業では、東京ガールズコレクションに携わったヘアメークアーティストを講師に迎える。

 松崎さんは「会津、福島から国内、世界へ羽ばたく才能を一人でも多く育て、会津を"エンターテインメントの街"にしたい」と話している。