「食品ロス減らす活動を」 フクラム基金、県立石川高を支援

 
通知書を受けた(左から)田村さんと二瓶さん

 県と県観光物産交流協会、日専連ライフサービスでつくる「Fukurum(フクラム)カード」推進協議会は8月31日、県産品をPRする事業を補助する「フクラム基金」の支援団体に採択した県立石川高に採択通知書を交付した。

 同校は2年生が地元の規格外の果物を使った菓子の開発に取り組む予定。交付は同校で行われ、田村笙汰さんと二瓶太一さんが通知書を受け取った。2人は「食品ロスを減らす活動をしたい」と意気込んだ。フクラムカードは利用額の一部が基金に拠出され、学生らが本県の復興や県産品の風評払拭に向けて取り組む事業の支援に充てられている。