坂下で見守り隊発足、隊員証交付 愛犬と散歩中に高齢者サポート

 
ばんげワンワン見守り隊の隊員

 愛犬との散歩で町の様子を見守り、地域で認知症高齢者らを支え合うボランティア活動「ばんげワンワン見守り隊」が8月30日、会津坂下町で発足した。町と町社会福祉協議会は同日、9人の愛犬10匹に隊員証を交付した。

 「身なりを気にしなくなった」「郵便物や新聞がたまっている」など、隊員(飼い主)は散歩中に気になる高齢者や家を見かけたら、町地域包括支援センターか町役場高齢者支援係に連絡する。緊急の場合は会津坂下署に通報する。

 同日、坂下中央公園で行われた結成式では、板橋正良副町長と荒井盛行町社協会長があいさつ。板橋副町長から愛犬の隊員証を受けた佐藤健一さん(柳町)が「安心・安全な暮らしの見守りに努める」と出動あいさつした。隊員は随時募集中。問い合わせは町社協(電話0242・83・1368)へ。