ふくしまのモモ アピール、四季の里でフェスタ 格安販売や花火

 
ひょう害で表面に傷がついた福島市産のモモを割安で販売したブース

 福島市の四季の里は4日、同施設で「ふくしまモモフェスタin四季の里」を開き、地元産のモモの販売をはじめとする多彩なイベントで来場者を楽しませた。

 春にひょう害を受けたモモを通常価格より割安で提供したブースや、園内5カ所に設置された果物や野菜のパネルを巡るポイントラリーが人気を集めた。花火大会では、約1000発の花火が夜空を彩った。

 モモフェスタの開催は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で3年ぶり。当初予定していた8月13日の開催は台風8号の影響で延期していた。

 四季の里イベント担当者の東海林祐さんは「久しぶりのイベントだったが、にぎわってくれてうれしい」と話した。