大玉村の魅力 修学旅行先・会津若松でPR、9日に大山小6年生

 
大玉村のPR活動に向けて意気込む児童ら

 大玉村の大山小の6年生は9日午前10時30分から、会津若松市の6カ所で、村のPR活動を行う。児童は「会津の人や観光客に一生懸命、大玉の魅力を発信したい」と意気込んでいる。

 修学旅行に合わせて、児童が企画した。5年生から調べ学習を通して学んできた大玉の自然や農産物の魅力、歴史、文化について紹介する。

 児童らは村内のあだたらの里直売所の矢吹吉信店長やアットホームおおたまの荒川幸則料理長、村の職員からPRの仕方についてアドバイスを受け、写真を多く取り入れたポスターなども手作りした。児童らは「大玉の良さが伝わるように何度もPRの練習をした。多くの人に聞いてもらえたらうれしい」と呼びかけた。

 PR活動は飯盛山駐車場、リオン・ドール滝沢店、JA会津よつば直売所「まんま~じゃ」、鶴ケ城、神明通り東邦銀行会津営業部前、七日町市民広場の6カ所で行う。問い合わせは大山小(電話0243・68・2929)へ。