リアルな地域づくり学ぶ 福島学院大、飯舘の活動実例解説

 
地域づくりについて語った矢野さん(左)と松本さん

 福島学院大は6日、福島市の同大福島駅前キャンパスで人材寄付講座を開き、飯舘村の地域活性化に向けて活動している「合同会社MARBLiNG(マーブリング)」共同代表の松本奈々さんと矢野淳さんが地域づくりについて講話した。

 会場で約50人、オンライン配信で約30人が聴講した。2人は同村の空き店舗を活用した異業種交流の拠点「図図倉庫(ズットソーコ)」の整備など活動内容を紹介し、環境づくりの担い手育成に向け、10月末に同村でモニターツアーを計画していると説明した。矢野さんは「(同拠点は)若い人が活動していることを発信する場所。人とのつながりを通じて地域づくりの伸びしろをつくっていきたい」と意欲を語った。