和薬膳を学び、味わう会 郡山で10月から、武鈴子さんが講師

 
講師の武鈴子さん

 笹の川酒造(郡山市)は10月13日、食養研究家の武鈴子さんを講師に招いた「和薬膳を学ぶ会&食事会」を同市のザ・キッチン・プラットフォームで開講する。

 来年7月まで4回にわたり、健康に良い四季の食事について理解を深める。武さんは東京薬膳研究所の代表で、中国の薬膳を和風にアレンジした和薬膳を提唱している。学ぶ会では武さんから日本の気候風土に合った薬膳を学び、健康的な食生活につなげてもらう。講義の後は、日本調理技術専門学校長の鹿野正道さんが調理した「薬膳ランチ」を楽しむ。

 2回目以降のスケジュールは来年1月12日、4月13日、7月13日。定員は先着25人で、会費は全4回コースで2万円(食事代・テキスト代込み)。

 笹の川酒造の山口哲蔵社長と山口敏子常務は「季節の身近な食材を使った健康的な料理を知ってほしい」と参加を呼びかけている。申し込み、問い合わせは同社(電話024・945・0261)へ。