家庭に眠る食料品回収 フレスコ16店 フードドライブ活動へ参画

 
回収ボックスを手にする菊地社長。「お客さまと一緒に活動を盛り上げたい」と協力を呼びかけている=フレスコキクチ相馬店

 福島、宮城両県で食品スーパー「フレスコキクチ」を展開するフレスコ(相馬市)は12日から、家庭に眠っている食料品を支援が必要な人に届ける「フードドライブ」を全16店舗で始めた。寄せられた食料品は、東北地方の児童福祉施設や1人親世帯などに届けられ、子どもたちの育成に役立てられる。

 福島県内の相馬、鹿島、東原町、北町の4店舗と宮城県の12店舗に回収ボックスを設置。来店者が持ち込んだ食料品は、1週間ごとに宮城県にある同社の流通センターに集められ、NPO法人ふうどばんく東北AGAIN(宮城県)を通じて児童福祉施設などに提供される。

 常温保存可能なもの

 受け付けているのは、賞味期限まで1カ月以上あり、常温で保存可能なレトルト食品、カップラーメン、缶詰、スナック菓子など。

 フードドライブへの参画は、持続可能な開発目標(SDGs)の一つ「つくる責任 つかう責任」に対する同社の取り組みの一環。宮城県内の店舗で期間限定でフードドライブを実施すると、多くの来店者が賛同したという。

 菊地盛夫社長は「たくさんの反応が寄せられたのは、多くの方が機会があれば食品を提供したいと考えていた証し。お客さまの思いの窓口となり、一緒になって活動を盛り上げたい」と話している。