こおりやま産業博...対面開催 10月21~23日、学生の企業説明会も

 

 郡山市の商・工・農・観光・福祉・文化などを結集する大展示会「こおりやま産業博」は10月21~23日、同市のビッグパレットふくしまで開かれる。対面での開催は3年ぶりで、今年は新たに地元企業と学生をつなぐ企画などを繰り広げる。

 地元で就職を希望する学生らが対象の「企業合同説明会in産業博」を新たに開催。企業の取り組みや地元産業を学んでもらい、雇用のミスマッチ解消などにつなげる。

 また、みそやビールなど発酵に特化したブースを新設、産品に理解を深めてもらう。出展者の情報をホームページなどで紹介し、来店促進や販路開拓を図る。

 市内外の約150社が250ブースを出展。ホール内でチョークを使い自由にお絵描きが楽しめるチョークアートや、eスポーツなどが体験できる。新鮮野菜が並ぶ「ふくしまとびきり農産物市」や丼ものやパン、スイーツなどを購入できる「テイクアウトストリート」なども企画している。

 こおりやま産業博は、新型コロナウイルスの影響でおととしは中止、昨年はオンラインのみでの開催だった。