只見線再開通記念の切手作製 会津17市町村・97郵便局で販売へ

 
只見線の全線再開通を記念したオリジナルフレーム切手

 10月1日にJR只見線が全線再開通することを記念して、日本郵便東北支社は只見線のオリジナルフレーム切手を作製した。今月26日から会津若松市や喜多方市など会津17市町村の97局で販売する。

 切手のデザインには、只見線や沿線の四季折々の風景を撮り続けている奥会津郷土写真家の星賢孝さん(金山町)の作品を採用した。

 価格は1シート(84円切手10枚)1410円。800シートを販売する。10月5日からは日本郵便のウェブサイト「郵便局のネットショップ」でも取り扱う。問い合わせは東北支社(電話022・267・7798、平日午前9時~午後5時45分)へ。