人気1位看板猫「セイ」無事保護 福島の温泉旅館、8月から不明

 
元気な姿でおきな旅館に戻った看板猫のセイ

 8月下旬から迷子になっていた福島市飯坂町の穴原天王寺温泉・おきな旅館の看板猫「セイ」が15日夕、無事に保護された。

 セイは、玄関先で丸くなり、宿泊客のスリッパを温めるような姿が愛らしいと人気を集め、旅行雑誌じゃらんの「会ってみたい看板猫ランキング」で1位に選ばれた。

 同旅館は迷子のチラシを作成して情報提供を求め、本紙も記事で迷子を伝えた。セイは飯坂町内で発見され、発見者が「セイに似ている」と同旅館に情報提供した。すぐにおきな旅館に届けられ、金子美奈子若女将(おかみ)らがセイと確認した。体重は少し減っていたが、無傷だという。

 金子若女将は「私にとってはわが子と同じ。無事に戻ったのは奇跡のような出来事で、こんなにうれしいことはありません」と情報提供に感謝した。