現役エンジニアがプログラミング解説 テクノアカデミー郡山で講座

 
プログラミングなどについて解説する畠山さん

 ふくしまプログラミング推進協議会は19日、郡山市の県立テクノアカデミー郡山で、現役エンジニアによるフォローアップ特別講座を開いた。日本マイクロソフトシニアクラウドソリューションアーキテクトの畠山大有さんが「現役ソフトウェアエンジニアが語る。ITの今と未来」と題して講演した。

 同校は9月に開催された、プログラマーらがアプリケーション開発に挑戦するイベント「『一本の水路』ハッカソン」で日本マイクロソフト賞を受賞しており、アプリ開発技術のさらなる向上を目指してもらおうと開いた。同校の知能情報デザイン学科の1、2年生約50人が参加した。

 畠山さんは、人工知能(AI)とプログラミングの技術的な特徴を解説。ITエンジニアなどを目指す学生らの技術と知識の習得の在り方について助言した。