柳津・西山小150周年 歴史のバトンつなぐ 記念式典で飛躍誓う

 
西山小の創立150周年記念式典で合唱する児童

 柳津町の西山小は22日、同校で創立150周年記念式典を行った。全校生と教職員、保護者、PTA賛助会員、町関係者ら約90人が出席し、150年の節目を祝うとともに、一層の飛躍を誓った。

 式典は児童による「ふるさと」の合唱などで幕を開けた。小林浩実行委員長が「西山小に携わっていただいた皆さんに感謝する」、猪野典由校長が「今までつながれてきたバトンを未来へつなげていくために地域と共に歩んでいく」とあいさつした。小林功町長、田崎信二町議会副議長、神田順一町教育長が祝辞を述べた。

 児童代表の天野睦季さん(6年)が「西山の良さと伝統をこれからも引き継いでいけるようにみんなで力を合わせて頑張っていく」と述べた。式典終了後には「きらきらフェスタ」が開かれ、児童が練習してきた劇やダンスなどを披露した。

 同校は1872(明治5)年、学制発布により西念寺を仮校舎として開放したのが始まり。児童500人以上が在籍していたこともあるという。本年度は児童数16人。