コロナ対策店...ステッカー、パンフ作製 社交飲食業組喜多方支部

 
「安心して来店して」と呼びかける渡部支部長ら

 県社交飲食業生活衛生同業組合喜多方支部は、新型コロナウイルス感染対策を実施している店舗を証明するステッカーと、店舗を紹介するパンフレットを作製した。

 ステッカーは13センチ四方で、同支部が独自に作製した。組合員約60店は手指消毒、検温、十分な換気などを実施し、全ての店舗が「ふくしま感染防止対策認定店」となっているという。ステッカーは、感染対策と明朗会計の実施店の証明書の役割を持つ。

 渡部崇支部長は「ステッカーが貼られている店舗は、安全に飲食が楽しめる。安心して来店してほしい」と話した。