パッケージで「火の用心」PR 酪王乳業と郡山消防本部コラボ

 
火災予防を呼びかける酪王牛乳のパッケージ

 9日から始まる「秋の火災予防運動」に合わせ、郡山地方消防本部と酪王協同乳業がコラボした酪王牛乳パッケージが7日から登場する。限定10万本で、県内を中心に酪王牛乳を取り扱う店舗で販売される。

 同消防本部と同社は2019年から火災予防運動期間に限定パッケージを制作している。今回は同消防本部の予防運動のテーマ「TRY 火の用心」に合わせ、住宅用火災警報器(住警器)の点検方法を掲載し、住警器の定期的な点検を呼びかける。

 同消防本部の担当者は「パッケージを見て家族で火の用心について考える機会にしてほしい」と話した。