「ひげの王さま」隣に「王妃」お目見え 福島の公園、地域見守る

 
彫刻に親しむ近隣住民

 福島県福島市南矢野目の耳取川親水公園に長らく1体で鎮座していた彫刻「ひげの王さま」の隣に、「王妃」がお目見えした。

 王様は地元の彫刻家白沢菊夫氏が「地域の守り神に」と1989年に設置。白沢氏は亡くなり、制作途中だった王妃の彫刻は自宅工房に眠っていた。この逸話を地元有志が知り、今年、一気に完成へと導いた。

 小春日和の下で開かれた3日のお披露目会には住民ら約50人が出席し、「別居婚」の解消を祝った。王様はどこか以前にも増して堂々たる様子。市民が集まる憩いの場で、これからは夫婦並んで地域を見守り続ける。