浜通りの観光やグルメを発信 福島県、誘客目指し都内でフェス

 
来場者の人気を集めた飲食ブース

 福島県は5日、東京・六本木ヒルズアリーナで「ふくしま浜通り観光交流フェスティバル」を開いた。飲食ブースに行列ができるなど、来場者が浜通りの食や観光の魅力を満喫している。

 本県への観光誘客を目的に浜通りの風土と歴史、海産物など多彩な食文化の魅力を発信しており、今回が初開催。県は、震災と原発事故からの復興を発信する本県独自の旅行施策「ホープツーリズム」のうち、個人向けの誘客促進につなげたい考え。

 「浜フェス2022」と銘打ち、会場では、浜通りの観光やグルメなどをアピールしている。計約35のブースが出展したほか、フラダンスショーや世界的デザイナーのコシノジュンコさんによるトークショーなどが行われた。

 イベントは6日まで行われる。同日のステージにはポケットモンスター(ポケモン)の人気キャラクターでふくしま応援ポケモンのラッキーが出演予定。開催は午前10時30分~午後6時。