美しい旋律で聴衆魅了 福島、3年ぶりピアノ三重奏コンサート

 
美しい音色を響かせたコンサート

 福島市のピアニスト富山律子さん、NHK交響楽団第1バイオリン奏者の猶井悠樹さん、同楽団チェロ奏者の宮坂拡志さんによるコンサート「ピアノ三重奏 マチネコンサート」は6日、福島市のとうほう・みんなの文化センターで開かれ、3人が織りなす美しい旋律に聴衆が聞き入った。

 富山さんがつくるムジーク・フォン・クララが主催するシリーズ「音のまなざし~響きを紡いで」の14回目の公演。新型コロナウイルスの影響を受けて3年ぶりの開催となった。

 モーツァルトの「ピアノ三重奏曲ト長調K.564」やドビュッシーの「喜びの島」などを演奏。息の合ったハーモニーで聴衆を楽しませた。