いわき大型3商業施設スクラム、18~27日 地域活性化イベント

 
連携事業の開催へ意気込みを示す関係者

 いわき市にある大型商業施設のイオンモールいわき小名浜、ラトブ、鹿島ショッピングセンターエブリアの3施設は18~27日、連携事業「いわきALE(エール)プロジェクト」を展開する。抽選会のほか、各施設で市内高校のフラダンス部による演舞やいわき市ゆかりの音楽家による演奏などで市民や地元経済を盛り上げる。

 3施設の代表と小野栄重いわき商議所会頭が7日に市内で会見し、発表した。事業は2年目で、今回は芸術文化に焦点を当てた。「フラの日」と銘打ち、19日に各施設で市内各学校のフラダンス部が行う演舞が目玉。演舞スケジュールは【表】の通り。

 また演奏会には、いわき市在住のピアノ奏者鈴木香保里さんやサックス奏者の遠藤清太朗さん、市内でフルート指導を行う劉慧(りゅうけい)さんが出演する。

 このほか、期間中の買い物で人気ゲーム機や商品券などが当たる大抽選会、地元店舗などが参加するマルシェも行う。抽選会には期間中の5千円の買い物レシートごとに1回参加可能。各施設で26、27の両日に抽選を行う。

 小野会頭は「コロナ禍でなくなった人々の笑顔を取り戻したい」と意気込んだ。同席した内田広之市長も支援の考えを述べた。

221109tiiki-iso701.jpg