広めよう...虹色リボン、郡山署、高齢者向け夜光反射材で事故防止

 
郡山署などが製作した虹色リボン

 夕暮れ時や夜間の高齢者による交通事故を防ごうと、郡山署と郡山地区交通安全協会は、光に反射する布を使った「虹色リボン」を製作した。リボンは今後、高齢者向けの街頭活動の際に配布するという。

 リボンは長さ約1メートルで、高齢者に身に着けてもらいやすいよう軽い素材で作られている。光が当たると白く光り、夜間でも目立つようになっている。同署と同協会が開いた「夜光反射材デザインコンクール」で最優秀賞に選ばれたアイデアを採用しており、腕や首に巻いたり、かばんに結んだりするなど、さまざまな形で使用できる。

 根本雄太郎交通1課長は「虹色リボンをはじめ、夜光反射材グッズを一つの『お守り』として身に着けてもらい、事故から身を守ってほしい」と話した。