移住促進、地域散策「フットパス」コース 被災12市町村に整備へ

 

 県観光物産交流協会は、本年度から4年間で、双葉郡など被災12市町村に地域を散策する「フットパス」コースを整備する。来訪者に復興状況や地域の魅力を知ってもらい、移住につなげる。本年度は田村、川内、葛尾の3市村で暫定コースを設定し、来年度以降に他自治体に広げる方針。14日に川内村で開いたキックオフセミナーで発表した。

 フットパスは、森林や田園地帯、古い街並みなど地域に古くからある風景を楽しみながら歩くことができる小径(こみち)。英国発祥で県内では西郷村が先進的に取り組んでいる。名所や旧跡中心のルート設定と異なり、地域住民の意見を積極的に取り入れてコースをつくるため、住民と散策者の交流につながりやすく、リピート率の高さが特徴だ。

 5~6キロのコースを12市町村それぞれに一つ以上設定。各地域で自治体職員や住民を交えたワークショップでルートをつくり、マップ化して発信する。新地町からいわき市を結ぶ散策ルート「ふくしま浜街道トレイル」(全長205キロ)と連携したイベントや観光情報発信も進める。復興庁の交付金を活用し、同協会が県の事業委託を受けて実施する。同協会の守岡文浩理事長は「地域活性化や交流人口増加とともに、訪れた人が地域とつながりができれば移住候補者になりやすい」と事業の目的を語った。