阿波おどり華やかな舞! 伊達で発表会、3県団体が元気発信

 
華やかな演舞で観客を魅了した出演者

 福島市阿波おどりきずな連は20日、伊達市ふるさと会館で福島、山形、宮城3県の阿波おどり団体が集うステージ「みんなで楽しもう 阿波おどり福島」を開いた。出演者は軽快な太鼓や笛の音に合わせて練習を重ねた踊りを披露した。

 福島から元気を発信し、阿波おどりの普及や交流を深めようと初めて開催した。本県から6団体、山形県から3団体、宮城県から1団体の計約180人が参加し、力強く、華やかな演舞で観客を魅了した。来場者と一緒に踊る「阿波おどり教室」が繰り広げられる一幕もあった。山形県の花笠踊りや本県の福島わらじまつりの演舞がステージに花を添えた。会場の観客からは手拍子が送られていた。