戸辺七段「プロ目指す子増やす」 対局など通し将棋の魅力伝授

 
将棋の魅力を伝える戸辺七段(左)と伊藤さん

 福島まちづくりセンターと日本将棋連盟ふくしま支部は23日、福島市で、プロ棋士の戸辺誠七段と将棋アマチュア初段でタレントの伊藤かりんさんによる将棋イベント「将棋の話」を開き、対談や対局などを通して将棋の魅力を伝えた。

 師弟関係にある2人は対談で、出会いのきっかけや、最近の将棋界などについて話した。伊藤さんは「コロナ禍でなかなか将棋のイベントができなかったが、今後も将棋の魅力を伝えていきたい」と話した。1~5歳を山都町(現・喜多方市山都町)で過ごしたという戸辺七段は「プロ棋士を目指す子どもを増やし、将棋でもっともっと福島県を盛り上げたい」と語った。