患者さんに寄り添い人生豊かに、元甲子園球児 福島に鍼灸院開院

 
丁寧なカウンセリングと治療を心がける信一さん(左)と郁恵さん

 夏の甲子園に出場した元高校球児が福島市仲間町で鍼灸(しんきゅう)院「BODY CARE(ボディー・ケア) うららか」を開院した。院長の近藤信一さん(34)は16年前に光南高の外野手として甲子園に出場した経験を持つ。妻郁恵さん(34)と新たな一歩を踏み出し、「患者さんに寄り添い、人生を豊かにしていきたい」と話す。

 近藤さんは白河市で開業していたが、「多くの人を治療していきたい」との思いから福島市への移転を決意。知人や恩師のサポートを受けて新たな場所で再出発した。

 中学時代から「けがをしている選手を助けたい」という思いがあったという近藤さんは、大学でトレーナーの勉強を始め、慶応高と慶応大のラグビー部でトレーナーを務めた。

 大学卒業後には東京都にある鍼灸の専門学校に入学。2013(平成25)年にはり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得し、50年以上続く神奈川県の鍼灸院で5年間修業した。

 開院した鍼灸院ではトレーナーの経験も生かしながら、丁寧なカウンセリングと治療を心がけている。完全予約制で、時間は午前9時~正午、午後2時~同7時30分。休診は水、土曜日の午後と日曜日、祝日。予約や問い合わせは同院(電話024・597・8457)へ。