亡き母にささぐ金メダル、郡山の相楽さん 空手国際大会で表彰台

 
亡き母への思いを胸に国際大会で初優勝を果たした相楽さん

 新国際空手道連盟芦原会館郡山南支部の支部長を務める郡山市の会社員相楽誠さん(46)は、11月に東京都で開かれた「第1回インターナショナルコンベンション空手道選手権大会」の組手マスター男子68キロ未満の部で優勝した。国際大会で頂点に立つのは初めて。2月に交通事故で他界した母への誓いを果たし「いつも応援してくれた母に金メダルを届けられて良かった」と喜んだ。

 相楽さんが空手を始めたのは30歳の時。当時5歳の長女が通う空手教室でミットをたたかせてもらったことがきっかけだった。「無心になれるし、スッキリする」。小学生から続けてきたサッカーを20歳でやめて以来、10年ぶりにのめり込める競技に出合った。

 しかし芽が出るまでには時間がかかった。試合で対戦する相手は空手歴20年以上のベテランばかり。身長161センチの相楽さんにとって、体格でも上回る相手との対戦は「突きや蹴りの質が雲泥の差だった」。敗戦の悔しさをバネに、週5日の稽古のほか、東京都の道場でも出稽古を重ね、3年ほど前からようやく表彰台に立てるようになった。

 勝利を報告するたびに泣いて喜んでくれたという母トシ子さんとの別れは突然だった。2月18日午後、トシ子さんは買い物をするために訪れたコンビニ駐車場で後退してきた小型トラックにはねられ、亡くなった。「あまりにも突然のことで涙が止まらなかった」

 悲しみを抱える中、母に金メダルを届けようと臨んだ大会の決勝では、身長180センチの相手と対戦。長男匠皇(たくみ)さん(16)と長女澪空(しずく)さん(21)がセコンドに付き見守る中、ステップを使って相手の攻撃をかわしながら持ち味の力強いパンチを繰り出し、延長戦を制した。

 自宅に帰った相楽さんは遺影の中でほほ笑む母に金メダルをかけ、こう報告した。「遅くなってしまったけど、国際大会で優勝できたよ。もっと強くなるから見守っていてね」。相楽さんは11日に東京都内で開催される全日本空手道選手権大会(個人戦)優勝に向け、天国の母に一層の鍛錬を誓った。