バショウカジキ、飼育日世界最長 アクアマリン、13年ぶり更新

 
飼育日数の世界最長記録を更新したバショウカジキ(アクアマリンふくしま提供)

 いわき市のアクアマリンふくしまが館内に展示しているバショウカジキの飼育日数が11日で世界最長の76日となり、2009(平成21)年に同館が打ち立てた75日間の記録を13年ぶりに更新した。バショウカジキは体表が傷つきやすく、採集や輸送などが難しいとされる。同館が11日、発表した。

 同館によると、バショウカジキは体長3メートルまで成長し、バショウの葉のような大きな背びれを水面から出して高速で泳ぐ。背びれは魚群を威嚇したり、急停止や急旋回するときのパラシュート、ブレーキのような役割を果たしたりすると考えられている。

 現在飼育中の個体は9月27日に展示を始めた。水槽に慣れない時期に、壁面に衝突して上顎の骨が伸びた長い吻(ふん)が折れた。しかし、その後も安定して給餌されるキビナゴを食べているという。飼育員の藤井健一さんは「採集時の傷も治ってきた。吻が伸びるという論文もあるので期待している」と話した。