障害者雇用率...県内1位 クラロン、優良事業主「もにす認定」

 
認定通知書を受けた田中会長

 スポーツウエア製造のクラロン(福島市)は障害者雇用の優良中小事業主認定「もにす認定」を受けた。12日、福島市で認定通知書の交付式が行われた。認定は県内6例目。

 同社は従業員121人のうち30人の障害者を雇用し、障害者雇用率は法定雇用率2・3%を上回る33・06%と県内1位を誇る。全員が正社員雇用で、過去3年間の定着率は100%。適性に合った業務や仕事の細分化、機器の改良などにより働きやすい環境づくりに取り組んでいる。

 交付式で、福島労働局の河西直人局長が田中須美子会長に認定通知書を手渡した。田中会長は「従業員のおかげ。認定を励みに障害のある人が働きやすい職場をつくりたい」と述べた。