かわいい!大堀相馬焼ガチャ大人気 相双地方の魅力...箸置きに

 
相双地方の12市町村をモチーフにした大堀相馬焼の箸置き

 大堀相馬焼の箸置きが入ったカプセル自動販売機「ガチャガチャ」の人気が広がっている。相双地方12市町村の道の駅などで11月に発売を始めたが、各地で売り切れの状態となっている。お得に伝統工芸品を購入できる手軽さや、かわいらしいデザインが好評を呼び、ヒット商品となった。

 箸置きは、相馬市の「トラフグ」、川内村の「カエル」、大熊町の「イチゴ」、富岡町の「桜」など。市町村の特産品に応じ12種類ある。12市町村の周遊につなげようと、県相双地方振興局が企画した。

 「レア」宿泊割引券も

 1回300円で、硬貨を入れ、ダイヤルを回すとカプセルが出てくる。中身を空けると箸置きのほか、割引券がセットになっている。割引券は12市町村のいずれかで利用でき、"レア"な宿泊割引券もある。

 箸置きは、大堀相馬焼協同組合の3窯元が2400個を共通の型で手作りした。売り切れが相次いでいることを受け現在、1200個を増産中という。

 道の駅南相馬(南相馬市)で3個購入した同市の40代女性は「ありそうでなかった。トラフグと桜の箸置きがかわいい」と笑顔を見せた。同振興局によると、28日ごろから各施設で補充が始まる見込みだ。

 大堀相馬焼協同組合の担当者は「想像以上の反響」と驚く。東京電力福島第1原発事故の影響で窯元が町外に移転するなど苦境も続くが「普段使わないカラフルな色合いも表現した。これを機に、大堀相馬焼に触れてほしい」と話した。岸孝志県相双地方振興局長は「一緒に入っている割引券も使って、相双地域を巡り、魅力に触れていただきたい」とPRした。