白河・常宣寺と棚倉・宇迦神社が仲間入り...「狛犬カード」第2弾

 
新たに製作された狛犬カード

 県南地方の市町村でつくるふくしま県南観光推進協議会が手がけた「狛犬(こまいぬ)カード」の第2弾が完成し、23日から白河市と棚倉町で配布が始まった。

 カードは県南地方の神社仏閣に残る個性豊かなこま犬を紹介しており、こま犬を地域の観光資源として生かそうと協議会が発行した。第2弾で白河市の常宣寺のこま犬と棚倉町の宇迦(うが)神社のこま犬が仲間入りし、カードは全21種類に増えた。

 協議会は地元の対象店で商品を購入した人にカードを配っており常宣寺のカードは白河市のヤングオーレ、宇迦神社のカードは棚倉町の甘盛堂で商品を購入するともらえる。問い合わせは市観光課(電話0248・22・1111)へ。