東北最古の施設科部隊が大縄跳び挑戦 陸自福島駐屯地で訓練始め

 
大縄飛びに挑戦する隊員

 東北最古の施設科部隊である陸上自衛隊第11施設群は6日、福島市の陸自福島駐屯地で訓練始めを行った。

 施設科部隊は災害時に出動して道路を補修したりするほか、専用車両を使って地雷処理も担当する。普段は日夜を問わず訓練に励んでいる。

 佐藤洋同施設群長の訓示で士気を高めた。隊員ら約110人は、うさぎ年にちなんで行われたチーム対抗の大縄跳びに挑戦。ウサギのようにぴょんぴょんと軽やかに跳びはね、1分間に跳んだ数を競った。