鮫川村盛り上げ隊「さめレンジャー」参上! 有志が団体立ち上げ

 
高木さん(前列中央)らを中心に結成した「さめレンジャー」

 鮫川村に住む有志8人は、地域貢献を目的とした団体「さめレンジャー」を結成した。農家や村職員、高校生らで構成しており、村内の美化活動や特産品のPRなどを行い、村の活性化につなげていく。
 
 結成のきっかけは、発起人の高木千春さん(38)らが村内の舘山公園の除草ボランティアに参加したことだった。除草作業は時間切れとなり、最後までできなかったことから、美化活動などに取り組む団体結成を思い付いた。

 高木さんは知り合いに声かけし「誰かではなく、自分たちが村をきれいにするんだ」との思いで一致した8人が集まった。

 さめレンジャー8人は、レッド、ブルー、イエロー、グリーン、ピンクの5人と、ブラック3人。ボランティア作業などがしやすいように、戦隊ヒーローを思わせるカラーのつなぎをコスチュームに決めた。

 今後はメンバーを広く募集していく。活動に参加したいという村民は、ブラックとして加入できる。また小中学生が参加する場合は「ちびレンジャー」も設けるという。

 リーダーである「レッド」を務める高木さんは「自分の古里を盛り上げたい人たちが集まり、大人数だからこそできる貢献をしたい」とし、「村を盛り上げる団体として、自分たちが地域貢献を楽しみながら活動できる団体になれば」と決意を語る。