会津坂下の旧糸桜里の湯 町が譲渡先募る、公募型プロポ方式

 
譲渡先を募る「旧糸桜里の湯ばんげ」

 会津坂下町は3月1日まで、同町の日帰り温泉施設だった旧糸桜里の湯ばんげの譲渡先を公募型プロポーザル方式で募集する。対象物件の使途は温泉施設に限定しない。

 対象物件は鉄筋コンクリート造り2階建てで、延べ床面積約1664平方メートル。国内で法人登録をしている法人を対象に、事業計画や購入価格などを審査し、地域に最もふさわしいと認められる事業者を選定する。

 旧糸桜里の湯ばんげは建物やボイラーなどの施設の老朽化が著しく、昨年3月末で営業を終了した。町は民間事業者が持つ創意工夫や柔軟な発想、企画力による提案を募り、対象物件の有効利活用により地域の活性化につなげる。

 詳細は町ウェブサイトに掲載。問い合わせは町政策財務課(電話0242・84・1532)へ。