若者が狙われている...消費トラブル注意! 福島市が啓発動画作成

 
高校生が出演する啓発動画

 「今、若者が狙われています!」。福島市は、若者の消費者被害を防ぐために、福島東稜高演劇部の協力を得て、高校生が出演する啓発動画を作成した。市ホームページや動画投稿サイト「ユーチューブ」などで視聴できる。

 成年年齢が18歳に引き下げられ、契約に関する知識や社会経験が少ない若者の消費者被害の増加が懸念されている。そこで若者が巻き込まれやすいトラブルや手口、対処法を紹介し、被害に遭わないよう啓発する狙いがある。

 動画はアルバイト・副業編、ワンクリック請求編、架空請求編の3種類で各2分程度。詐欺グループや悪質事業者によってトラブルに見舞われた若者の元に、高校生が演じる警察官と「ももりん」などが現れて注意を呼びかけている。